海外バイナリーと国内バイナリーのサービスの違い

海外バイナリーと国内バイナリーのサービスの違い

海外バイナリーオプションと、国内バイナリーオプションの違いについて
紹介していきますので、興味のある方は読んでください。
まず、海外と国内とでは、バイナリーオプションのサービスに違いがあるのか
そこには大きな違いがあります。

国内バイナリーオプションは取引時間が2時間以上なのですが、
海外バイナリーオプションは、最短で1分の取引ができます。

取引時間にかなりの違いがあり驚くでしょうが、
これは、バイナリーオプションを提供している会社が所在を置いている
国によっての法律上の問題があるようで、
日本国内業者は、2時間以上の提供しか出来ないみたいです。
次に、国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの
口座開設時の違いについて説明します。

国内業者で口座開設をする際1週間ほど時間がかかる。
海外業者を利用する際は、5分程度で口座開設が可能になります。

口座開設にかかる時間の違いも、本人確認書類の手続や
振替口座の手続など、海外業者には存在しない事が、
口座開設にかかる時間の違いを引き起こしています。

ここまでに、海外バイナリーオプション業者
バイナリーオプションの国内業者のサービスの違いを少し紹介しましたが
各業者は何社くらいあるのか、気になる方もいると思います。
国内業者と海外業者を比較しているサイトを貼っておきます。初心者の人でも
海外バイナリーオプションについて詳しく書いてあるので、参考になると思います。

国内バイナリーオプションのメリットは

国内バイナリーオプションのメリットは

国内バイナリーオプションのメリット性が全然感じる事のできなかった皆様
実は、国内バイナリーオプションを利用するメリットは存在します。
それは、国内バイナリーオプションの信託保全の義務化にあります。
国内バイナリーオプションは、運営会社と、利用者の資金を、
完全に区分管理し、運営会社が倒産した際に、利用者に迷惑がかからないような
対策がきちんと存在しています。

利用者の資金は、運営会社が提携している銀行で管理されており、
取引時も、振替口座を作り、取引を利用します。
こういった保証がしっかりとしているからこそ、口座開設時の手続も
少し手間がかかるのです。
ですが、安心面で言えば、ダントツ、国内バイナリーオプション業者でしょう。
資金保証や管理がしっかりとしているからです。

海外バイナリーオプションは逆に資金の管理が、日本よりもゆるい。
ですので、様々なトラブルに発展しやすいちうデメリットがありますので
知っておいて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ